2016年9月1日

インタビュー・跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授/元東京都板橋区防災課長 鍵屋 一氏


【「魅力増進型防災」を推進/耐震性能の表示で判断材料を提供】
 首都直下地震など巨大地震の被害規模を軽減させる上で、老朽木造住宅の耐震化や木造住宅密集市街地の解消は大きな課題だ。元東京都板橋区防災課長として行政の立場から長く防災に携わってきた鍵屋一跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授は、この状況を踏まえ「従来の制度に加え『魅力増進型』の対策が必要だ」と指摘する。

日本地震工学会会長/東京大学生産技術研究所都市基盤安全工学国際研究センター長 目黒公郎氏に聞く

【コストからバリューへ意識改革が重要/発災時の被害量を小さく】
 巨大地震の発生とこれによる甚大な被害が想定される中、社会の災害レジリエンスの向上はわが国の喫緊の課題である。巨大地震対策には「コストからバリューへの意識改革が必要」と語る目黒公郎日本地震工学会会長に、必要な取り組みを聞いた。