2015年8月27日

新ステージの防・減災対策/国・自治体・建設業で包括協定

【2016年度の重点対策を正式決定】
 国土交通省は、大規模地震や水害といった自然災害への対応を充実・強化する。首都直下地震の発災時における災害対応力の強化を目的に、道路啓開などの初動対応で密接な連携を求められる自治体や日本建設業連合会との包括協定の締結を進めることに加え、1月にまとめた「新たなステージに対応した防災・減災のあり方」を受けた取り組みとして、本省に「壊滅被害回避ワーキンググループ」を設置。省を挙げて、大規模水害による社会経済への壊滅的な被害を防ぐための対策を練る。