2013年9月30日

そもそもレジリエンスとは何か マーシュブローカージャパン代表取締役会長の平賀 暁氏

世界を震撼させた東日本大震災。自然災害の脅威を改めて突きつけ、世界はリスクが発生した時の対応力の重要性を再認識した。世界経済フォーラムは、『グローバルリスク報告書2012年版』で東日本大震災を特集、2大陸以上にまたがるグローバルなリスクに警鐘を鳴らし、備えの重要性を説いた。
 『同2013年版』ではグローバルリスクへの国家の弾力性を測る手法の試作版を公表した。この間、リスクへの備えと対応、復活を総合した言葉として「レジリエンス」が世界的に広がり、わが国でも「ナショナル・レジリエンス懇談会」で国家のレジリエンス向上に向けた議論が始まっている。
 そもそもレジリエンスとは何か。その向上には何が求められているのか。企業がリスクに対処し、適切な復活力を保つために必要なことは何か。世界経済フォーラムのグローバルリスク報告書の作成に携わるマーシュブローカージャパンの平賀暁代表取締役会長にインタビューし国家と企業のレジリエンス向上のあり方を聞いた。

世界経済フォーラム『グローバルリスク報告書2013』 国家の弾力性を測定

世界経済フォーラムが『グローバルリスク報告書2013年版』で特集した「グローバルリスクに対する国家の弾力性の構築」では、国家の弾力性を測る手法を試作版として提示した。
 弾力性は、「ストレスを受けた後により素早く元の状態に戻り、より大きなストレスに耐え、ある一定のストレス量による阻害が少なくてすむ」と定義付けし、「弾力性の高い国」を、(1)環境の変化に適応し(2)突然のショックに耐え(3)以前のものであれ新たなものであれ望ましい平衡状態に戻る能力--を有する国と暫定的に定義している。
 この定義を踏まえ、国を経済、環境、ガバナンス、インフラ、社会の5つのサブシステムで構成し、それぞれのサブシステムを▽堅牢性▽冗長性▽臨機応変性▽対応力▽回復力--の5つの構成要素ごとに弾力性を測定する。試作版では、各構成要素を測定するため、世界経済フォーラムが実施したグローバルリスク意識調査(GRPS)とエグゼクティブ・オピニオン調査(EOS)の結果を活用した。ともに意識調査であり、定性的な結果を指数化している。
 例えば、日本の経済と環境の回復力をGRPSで測定すると、環境リスクへの適応力と回復力は、米国、英国、ブラジル、イタリア、スイスなど10カ国中、最も高いスイスに匹敵する評価を得た。ただ、経済リスクでの回復力は、中国やブラジルより低く6番目となった。世界経済フォーラムでは、この試作版をブラッシュアップし、中間報告書をまとめる予定だ。