2013年2月14日

大賞に糸魚川市の根知小を選定 内閣府が防災教育チャレンジプラン

内閣府(防災担当)は2月9日、「防災教育チャレンジプラン2012年度活動報告会」(実行委員会委員長・林春男京都大防災研究所巨大災害研究センター教授)を開き、防災教育大賞に防災教育とジオパーク、地域住民を関連付けたカリキュラムを開発した「糸魚川市立根知小学校」を選定した。このほか、防災教育優秀賞と防災教育特別賞をそれぞれ2件ずつ選定した。
 防災教育チャレンジプランは、世界有数の災害大国であるわが国で、より防災力を高めるため、子どもを中心に家庭や地域の防災にかかわる能力の向上を図り、社会全体の防災力を向上させる実践的取り組みを支援している。12年度は、一般枠で18件が応募した。

◇継続性に高い評価

 大賞を受賞した糸魚川市立根知小学校では、「糸魚川ジオパーク」の中央に位置する立地を利用し、防災教育とジオパーク、地域住民を関連づけ、防災教育カリキュラムを開発して校内研修課題として取り組んだ。地域の自主防災組織と連携した防災訓練も実施した。実行委員会は「実効性のある訓練を楽しんで学べる」「学校を挙げた組織的な活動」「継続が期待できる」「保護者・地域を取り込んだ」と高く評価した。
 優秀賞は、「千葉県立東金特別支援学校」と「秋田県大館市立第二中学校」。東金特別支援学校は、自治会や老人会との夜間を含めた合同防災訓練や防災安全マップを作成し、学区内の防災の情報を「ユニバーサル」の視点で発信・共有している。障害者向けの防災用具の開発にも取り組んだ。大館市立第二中学校は、「中学生が地域の防災リーダーになる」とのコンセプトで、雪下ろしの危険性や積雪時の避難訓練など、雪害対策や避難について高齢者とともに考え、避難所での訓練も実施。鉱山跡地を活用したリサイクル施設の産業廃棄物や汚染土壌の現状も把握した。
 特別賞は「気仙沼市立階上中学校」と「わがやネット」の2件だった。階上中学校では、地元関係団体や住民の協力を得て、東日本大震災での体験を踏まえて防災対策を見直し、中学生が地域住民と協力して避難所設営などの訓練を実行した。わがやネットは、家庭における家具の転倒防止に焦点を絞り、防止対策の講習・実習、施工支援者養成のためのテキスト編集などを進め、子どもへの教育にもつなげた。